結婚できない女はこうして作られた No.2

kana
こんにちは!Kanaです。こじらせエピソード、どんどん書いていきますよ~!皆さんはマネしないように~

 

※ここでは、私の個人的なエピソードを書いています。興味のある方のみ見てください。

今回は、結婚出来ない女Kanaがどうやって作り上げられたのかを書いていきたいと思います。

 

とにかく華やかな生活が楽しい

 

美容系の仕事をしていたからか、来るわ来るわ合コン話。

週に1回は当たり前。

2、3日連チャンも珍しくない状態。

週末はクラブに入り浸り、それでも飽き足らずお見合いパーティーにも通っていました。

 

今だから分かるが、男の人って若い子好きやな~!!(笑)

普段はバリバリ仕事をしている社長さんだったり、部長さん、専務さん・・・一流企業に勤めるエリートサラリーマン。

そんな方たちが、みんなチヤホヤしてくれる。

そして私は大いなる勘違いをしていきます。

 

「私、モテてる!?

 

遊びに行くのが楽しくて楽しくて仕方がなかったんです。

 

 

仕事が大好きすぎる

 

当時の私がモットーとしていたこと。

 

仕事も恋愛も200%全力投球!

 

仕事では男性に負けたくなくて、必死で頑張っていました。

終電まで残業は当たり前、社泊してまで仕事をすることも。

仕事が楽しくて仕方がなかったんです。

 

そして仕事をバリバリ頑張りすぎるうちに、考え方がズレた方向へ・・・

プライベートでも男性と張り合うようになっていきます。

・「私より年収を稼いでいる人じゃないと付き合いたくない」

・「向上心がない男性とは話をしたくない」

・自分の考えが正しいと思い込み、付き合っている男性に意見してしまう。 

 

恋愛依存症

 

出会いの数はかなりあったので、恋愛に困ることはありませんでした。

なので、彼氏いない歴は長くても3か月。

そのうちに、彼氏がいない状況に耐えられなくなってきます。

 

彼氏と別れたら、寂しくて辛くてしょうがない。

そんなときは、誰でもいいから男性とご飯に行きたかったし、すぐに合コンの予定を入れていきます。

 

自分の中で、“彼氏がいない自分”を受け入れられなくなってきたんです。

 

 

だいぶこじらせてきてますね~。自業自得!!笑

それでもこの時はまだ、“出会いさえすれば結婚できる”そう信じて疑いませんでした。

 

「結婚したい。」そう思ってからまさか7年もかかるとは、この時の私は知る由もなかったんです。