婚活して初めて知った。男の好きはひとつだけじゃなかった!!

kana
好きな人と付き合えば、いずれは結婚できると思い込んでいたのは私です。Kanaです!!
私と同じように思ってくださる方はいないかな~?(*´▽`*)💛

若いころは、大好きになった人と付き合っていれば、いずれは結婚できるはず。

そう考えていませんでしたか?

 

彼氏と上手く行かなくて別れても、次に好きになった人ときっと上手く行く!!

私はそんな風に信じ切っていたので、結婚まで7年もかかってしまいました。

もちろん、恋愛の末、自然と結婚されるかたもたくさんいらっしゃいます。というか、大多数を

占めるかと思います。

しかし、上手く行かなくて独身のまま30代を迎えてしまった方もいるのではないでしょうか。

 

もちろん30代で結婚できていないのには何か理由があるかと思いますが、そもそも選んだ男性に問題があるパターンも多いです。

女性はほとんどの場合、

“大好き = いずれは結婚”

と考えていると思いますが、男性は、

“大好き ≠ いずれは結婚”

必ずしも同じ考えとは限りません。

 

今回は、男性の「好き」について考えて行きたいと思います。

 

男の結婚観について考えてみた

 

女性は“結婚”に夢だったり、希望だったりいいイメージがあると思うけれど、

男性が意外とシビアに考えているらしい。

一番の理由としては、 「経済的な負担」が増えること。

結婚して子供が出来たら一人で家族を養わなければいけないし、

今までみたいに自由にお金が使えなくなるし、束縛されるかもしれない。

だから男性は女性よりももっと厳しく結婚相手を見ているし、「この人となら!!」と思わないと結婚は決断しない。

恋人にするなら、華やかで可愛くて、一緒に居て楽しい女性が良いと思っても、

結婚するなら金銭的な価値観が合って、もうちょっと家庭的な女性が良いと思うかもしれない。

熟女がタイプと言っていたロバートの秋山さんも、実際は年下の若い女性と結婚した。

 

kana
熟女好きじゃないのかよ!!

と、私が思ったようにマスコミも秋山にツッコミを入れてたけど、

kana
いや~、ほんとは熟女が好きなんですけど、結婚となると若い子になっちゃいましたね~

って、はっきりと言っていた”(-“”-)”

※画像はお借りしてます!!

 

 

それに、男性が出世の為に政略結婚することは今の時代にもある。

何年も付き合った彼氏からいきなり別れを告げられたと思ったら、その後すぐに彼が若い女と結婚したとか悲惨な話も聞いたりする。

 

kana
やっぱり男は好きだから結婚というわけではなさそう・・・

 


SPONSORED LINK



男にはいろんな好きがあることを知っておくべき

 

自分はどのカテゴリーに分類されているのか、ちゃんと考えてみる。

 

「彼は私の事を大好きでいてくれる。」

「彼が私のことを好きな気持ちが伝わってくる」

「セフレだけど特別扱いされている」

「不倫だけど、奥さんより好きだと言ってくれている」

こんな風にプラス思考になってませんか?

もちろん、彼の「好き」な気持ちは間違いないと思います。

けれど、

それはどのカテゴリーで(・ω・)?

 

冒頭から申してますように、女性はたいてい「好き=いずれは結婚」と考えます。

けれど男性はそうじゃないことが多々あります。

 

恋人として?

結婚相手候補として?

セフレとして?

不倫相手として?

 

しっかりと考える事が大切だと思います。

そして、「わたしはこんなカテゴリーに分類されたくない!!」と思うのであれば、対策を立てなければいけません。

 

男性は自分の気持ちをうまく認識できない

 

女性と男性は脳の構造が違う。

女性は「彼のこういうところが大好き!結婚したいくらい好き!」と気持ちははっきりしているし、自分でもちゃんとわかっている。

けれど男性は、いちいち「〇〇ちゃんは、セフレとして好き」とか、「愛人として好き」なんて考えない。

目の前で好きな女性が微笑んでくれれば、単純に「俺はこの子が大好きだ~!!」と思う。

 

だから、先のない彼女として、愛人として、セフレとしてめちゃめちゃ大好きだ~!!っていうことが本当にある。

 

結婚したい女としてふるまう

 

このブログは、30代で婚活をしている女性向きに構成されているので、ほとんど婚活中の方が見てくださっていると思います。

もし、今の自分が不本意なカテゴリーに分類されているなら、「結婚相手」になれるように頑張りましょう!!

 

どうにかして彼に、「結婚相手のカテゴリーに入れてください。」と言いたいところですが、まずは自分自身が変わらなければいけないと思います。

 

簡単です。そのように振舞えばいいんです。

結婚相手にふさわしい。いい妻になってくれそうだと、思われるよう振舞えばいいんです。

 

不倫に分類されている人は、今すぐ不倫をやめてください。

セフレに分類されている人は、今すぐセフレをやめてください。

恋人関係が長いなら、結婚の意思をどこかのタイミングで聞くべきです。

 

不倫するから不倫のカテゴリーに分類されるし、

セフレになるからセフレのカテゴリーに分類されてしまうんです。

もちろん、そこから結婚相手のカテゴリーに変わって、結婚できましたよ!という方も

いらっしゃるかと思いますが、ほんの一部じゃないでしょうか。

 

誰かと出会う前から、結婚相手にふさわしい行動をしていれば、セフレや不倫相手になることはあり得ません。

 

最後に・・・

 

いかがでしたか?

好きな男性と結婚したいなら、まずは結婚相手して認識させる事が大切です。

これは女性の役目であり、ウデのみせどころです。

しっかり男性をコントロールして、素敵な結婚相手になってくださいね。