そういえば婚活にいらなかったモノたち

kana
そういえば婚活にいらなかったモノをたくさん持っていた女、Kanaです!!

婚活をしていると、「あれしなくちゃ」「これしなくちゃ!!」って、いろいろ考えこんでしまったりして、「もう全部嫌になってきちゃう時ってありませんか?

私はありました。もう~どうしたらいいかわからなくなっちゃって。

それで1回すべて手放そうと思って、1年間なにもしていない期間がありました。

その1年間は、30代の私にとってかなり大切な時間でしたが、回り道した甲斐があり、いろんなことに気づけたんです。

けど、このブログを見てくれている皆様には1年も費やしてほしくない!!

という事で、私が考えた「婚活にいらないモノ」を記事にまとめました~!!

今から最速で結婚したい人はぜひ最後まで見てね~!!


SPONSORED LINK



 

セフレ・不倫・2番目ポジションはいらない

 

30代になると余計に一人でいることが辛くなってきませんか?

鳴らないケータイばっかり見て、たまに鳴ったと思ったら迷惑メールだったりして。

私自身も、「誰にも必要とされてないのかな・・・」って辛くて泣いていました。

そんなときに優しくしてくれる男性がいたら、ついつい好きになってしまいますよね。

気持ちは分かりますが、結婚を考えられない人と会うべきではないです。

なぜダメかというと・・・

今から出会う結婚相手候補と絶対に比べてしまう

男性にだらしない感が出てしまい、結婚相手として見られない

結婚相手を真剣に探している男性からすると、セフレや不倫、2番目の女だったと分かると、「あ、そういうのOKな子なんだな~」と、一瞬にして結婚相手の対象外となってしまいます。

悪意のある男性だったら、Hだけしたい、2番目の女にしたいって路線変更してアプローチしてくる可能性も往々にしてありますよ!!

いつもなぜかセフレになってしまう、2番目の女になってしまう。好きになった人に既婚者が多いっていう方は要注意です。

kana
めちゃタイプのイケメンでもガマンガマン・・・・(笑)

 

無理をしないといけない仕事はいらない

 

30代まで結婚をしていない女性は特にですが、仕事を一生懸命していたらいつのまにか30歳になっていた。

という方も多いのではないでしょうか。

そういう女性ほど、最後までやり遂げなければという責任感も強いと思います。

年々仕事も責任感が増してきて、どんどん大変になってきます。

ギリギリの精神状態で頑張りすぎていませんか?

キャリアも積んできたし、仕事の手を抜きたくない気持ちはわかりますが、

結婚にはリミットがあります。

サービス残業や必要以上の仕事を抱え込むのはやめましょう。

婚活にはある程度余裕も必要です。

せっかく彼との時間を楽しんでいるのに、

「あ~、明日から仕事やだなぁ。病む・・・」

「仕事でイライラして彼にあたってしまった」

なんてことがあると、最悪お別れすることになるかもしれません。

会社が結婚の面倒を見てくれるわけじゃない。

自分の幸せを第一に考えて行動してみてください。

kana
私はキャリアをあきらめて楽な部署に異動させてもらいました!!

 

30代独女同士の愚痴大会はいらない

 

私は好きですけどねw

さんざん友達といろんなこと言ってきましたよ。(*´▽`*)笑

けど今なら分かります。

婚活迷子の30代独女どうしてあーだこーだ言ってても、なんの意味もないって!

道に迷った者同志で悩んでても目的地にはたどり着けません。

道知ってる者に電話して聞けば一発で分かるでしょ(*´▽`*)?

30代の婚活は、30代で結婚した人に聞くのがイチバン!!

注)但し、自分の考えを押し付けない人に限る

kana
たまにはマシンガントークしたいときもある。たまになら、いいでしょ?w

 

 

「年より若く見られるんですぅ~」はいらない

 

これは、ほんとに言わない方が良いと思う。

若く見えるのと、実際に若いのとは全然違う。

オバちゃんが一生懸命若く見られようと頑張っている感がひしひしと伝わってくる。

若くないんだから、若さにしがみつくのはやめよう。

って、そのへんの男性に言われたことがある。(*ノωノ)

kana
はい、今日から言うのやめます・・・・

 

確かにそうだよね。

年相応の人間的な魅力を養えってことなんだよね、きっと。

その上で少しでも若々しく見られるように頑張るなら分かるなぁ。

ついでに、「え~!!35歳?見えな~い!!」!!なーんて言われても、鵜呑みにしてはいけません。

30過ぎた女を捕まえて、「老けてる」とか「年相応」なんて絶対言いません。

しっかりアラフォーに見えていたとしても、「若いですね」ってリアクション、私でも取ります。

もし「年齢より若いですね。」って言われたら、笑顔でこう返しましょう。

「そうですか~?ありがとうございます(*´▽`*)!!」

 

結婚相手に刺激はいらない

 

私も陥ったやつ。

婚活をしていると、どうにもこうにも「ときめかないのっ(´・ω・`)!!」

たいてい好きになる相手は、ちょっとヤンチャな感じで、話すことも面白くて刺激的!!

だけど、そういう基準で付き合っていると、全然結婚出来なかった。

でも、これは当たり前だったんです。

 

恋愛は、「好き!一緒に居たい!!」って燃え上がった感情でするもの。

好きだからこそ嫉妬もするし、怒るし、感情も揺さぶられる。

けれど結婚は違う。結婚は契約関係であり、生活を共にする運命共同体。

そこに必要なのは、「信頼」「協力」「話し合い」「安心感」であり、

そこに刺激はいらない。

というか、いちいち嫉妬したり、怒り狂ったりしてたら結婚生活なんて続けていけない。

恋愛することと、結婚相手を探すことは、根本的な「目的が違う!!」

「ドキドキする恋愛して結婚したいな~」なんて言ってないで、

一生一緒に居れる人、早く見つけましょう。

男性の品定めはしない

 

婚活をしていると、ついつい男性の条件面ばかり気になってしまう。

そんな経験ありませんか?

はっきり言わせていただきます。

条件面ばかり気にしていると、「品定め感」が男性に伝わります。

お店で商品を選ぶように、男性を選んでいるのがバレバレらしいです(´・ω・`)

 

kana
やば~!!品定め感よ!消えろ~!私は品定めしてない!!中身を見るのだ~!!w

そして、品定めしている女性は、男性に年齢でスパッと切られるという現実・・・・(´・ω・`)

皆さん、今日から「品定め感」消していきましょう~!!

 

 

背伸びしすぎる自分はいらない

何事も、背伸びしすぎは後々しんどくなります。

仕事もね、出来もしないのにデキるフリしてたら、実際行動するときしんどくないですか?

婚活も同じなんです。

無理して自分を良く見せて、背伸びして。

例えお付き合いが出来たとしても続きません。

自然体の自分、無理しない自分の「良いところ」をもう一度見つめてみてください。

自然体の自分を好きだと言ってくれる人に出会えたら、すぐ結婚できますよ、きっと。

こんな方は背伸びしてるかも↓

自分はそんなに頑張っていないつもりだが、頑張っているといわれる。

頑張るは当たり前だと思っている。

頑張っているが婚活はうまくいっていない。

たまにこういう人に会います。

自分はそんなに頑張ってないつもりでも、20代のころからずーっと頑張ってきてて、

頑張るのが当たり前、そういう自分が本来の自分と思い込んでいる方がいます。

婚活が上手く行っているなら全く問題ないんですが、上手く行っていないなら、

いったん立ち止まって思い出してみてください。

そんなに頑張る前の自分。

小さいときにどんな子供だったかな~? どんなことが好きで、どんな事して生活してたかな?って

考えてみてください。

例えば家族に聞いてみるのもいいかも。

 

kana
ねぇねぇ、お母さん、私小さいころどんな子だった??

 

お母さん
そうね~、お菓子の代わりにトマトやキュウリばかり食べてる子だった!!w

 

kana
いやいや、そんなんじゃなくて・・・・(´・ω・`)